ETV特集「ドキュメント 精神科病院×新型コロナ」

www.nhk.jp 再放送 8月5日(木) 午前0:00 【見逃し配信】(配信期限:8月7日(土) 午後11:59 まで) 精神科病院への長期取材を通じて、取材スタッフも「これは単なるきれいごとではどうにもならない」と感じたんじゃないか――わずかなりともそう思わせる編集を…

時空間的ではない「意味内容」が時空間的に表現されるしかないことの工学

10代のころに読んで「いちばん考えたいのはこれだ」と思いながら、どこからどう手を付けてよいのか、何を専門にすればよいのかすら分からず、そのまま30年以上たってしまった文章がこれ。 ミハイル・バフチン『小説の時空間』pp.345-346 より 結びとして、も…

劉慈欣『三体』読了

三体Ⅲ 死神永生 下作者:劉 慈欣早川書房Amazonいまひとつ夢中になれないまま『III 死神永生』下巻の半ばまで来たんだけど、最後の最後に次々出てくるSF的なアイデアが本当に、本当に素晴らしかった。(以下すごいネタバレなので注意)

レポート 『不登校は終わらない』(3)

前回 technique.hateblo.jp ★目次 承前 メモ リンク集(一部) 資料: 『不登校は終わらない』書評: 承前 今回取り上げた諸問題については、今後も継続的に考えてゆきたいと思っています。*1 レポートの最後に、報告者である私の簡単な覚え書きと、リンク集…

レポート 『不登校は終わらない』(2)

前回 technique.hateblo.jp ★目次 承前 「ニーズの主体」と「主張の主体」 運動体のイデオロギーと、「当事者の声」 《存在》 と 《言葉》 「当事者」の主張責任 「弱者の声」と、抗議倫理 既存解釈と、そこからの脱落 「前衛党」と「反革命」? 解釈権の拮…

レポート 『不登校は終わらない』(1)

前回 technique.hateblo.jp ★目次 おことわり 前提 事実確認 要点 調査倫理について 疑問 ≪当事者≫について おことわり 貴戸理恵氏の著作『不登校は終わらない―「選択」の物語から“当事者”の語りへ』について、「見解」を発表した*1東京シューレ、及びそれに…

レポート 『不登校は終わらない』(0)

※【この記事は、2005年5月にエントリした文面をできるだけそのまま再録したものです。「はてなダイアリー」から「はてなブログ」への移転に伴って記法等が変わってしまい、そのままでは記事のまとまりすら保てなくなっていたため、まとめ直しました。デッド…

自分の紛争に向き合うことがカギになる

www.shinchosha.co.jp▼この小説には「廃人」という語が何度も出てくる。つまり8050状況に突入した人は「廃人」であって恐怖の対象であり、登場人物の全員が、ひきこもる青年までが「中高年のひきこもり事例」を見下している。▼人物描写や問題意識に厚みがな…

映画『TENET テネット』(ネタバレあり)

TENET テネット(字幕版)発売日: 2020/11/27メディア: Prime Videoいちど観ただけではほとんど何も分からず、考察ブログ等【参照1】【参照2】で調べたあとで、再視聴。ようやくあるていど理解した。

筒井康隆「川のほとり」

ジャックポット作者:筒井康隆発売日: 2021/02/17メディア: Kindle版紙の本で購入し、亡くなった息子さんを実名で扱った掌編「川のほとり」を通読。 この本の装画はその息子さん・筒井伸輔さんの作品らしい。私と同じ神戸にお住まいだったり、伸輔さんが私と…

「非局所性」という悩ましいテーマ

宇宙の果てまで離れていても、つながっている: 量子の非局所性から「空間のない最新宇宙像」へ作者:ジョージ・マッサー発売日: 2019/03/05メディア: 単行本なんとか最後まで通読したが、そこで抱いた感想は次の個所に近い(同書p.326、強調は引用者)。 ハン…

当事者概念をめぐる議論それ自体の、紛争性の高さ

治療は文化である―治癒と臨床の民族誌 (臨床心理学 増刊第12号)作者:発売日: 2020/08/18メディア: 雑誌磯野真穂「声と沈黙」を読みました。私が貴戸理恵氏と東京シューレの事案を扱って、もう15年以上が経ってしまいました。これはまさしく、【当事者/アカデ…

シナリオ通りの当事者と、関係性への加担責任

www.nhk.or.jp家族会の関係者から伺ったところによると、この番組での各人の発言には事前に用意された内容があったようで、「当事者にシナリオ通りのことを言ってもらった」ということのようですね。もちろん事前に話し合いはあったでしょうし番組の都合上そ…

孤立支援は政治・宗教など、生々しい思想の問題が避けられない

www3.nhk.or.jpwww.nhk-ondemand.jp 支援にかかわる方々が、なんとかして関係を築こうとする――しかし最も難しい問題が、「ご本人による支援の拒絶」だという。あるいは「居場所」が大事なのは確かでも、参加を続けるには、その場の関係がどういう発想で成り…

名詞に支配された、ダブスタの規範言説

ポリコレ系の言説は、名詞形のカテゴリ分けを議論の大前提とする。(「男」「女」「○○人」「LGBT」etc.)これはいわば、超越的で絶対不可侵の前提であって、そもそもそのカテゴリ分け自体が便宜上のものに過ぎないこと、また「カテゴリ以前に同じ人間だろう…

いまだに双方向的な課題設定ができていない引きこもり論

www.mag2.com「けっきょく悪いのは引きこもる奴ら」を落としどころにしても、そういう語りそのものが事態悪化に加担してしまう。 「引きこもり」は親が養ってくれるから安心して自宅にひきこもれるのだが、親は彼らが50代になったからと言って「いい加減に働…

私たちは《紐帯≒触媒》になれるか――『デス・ストランディング』

DEATH STRANDINGでは、手形(掌)が重要なアイコンとなります。掌を開くと、他人と繋ぐ事が出来ます。掌を閉じると、それは拳に変わり、他人を排除する事が出来ます。繋ぐ事と争う事は、表裏一体。人の掌も、‘棒“と”縄“に例える事が出来るのです。TOMORROW IS …

党派(人の集団の傾向性)が複数あること

知性や肩書がご自慢の人たちが、いかに党派的にものを見るか。そして、「自分とちがう意見」と見なした瞬間に、どれほど簡単に人事的排除を行なうか。社会参加や就労への支援を考えるなら、こういう面こそ取り組まないといけないはず。といっても、「党派的…

マイノリティを口実にした規範言説は、自分の話をしない

批評が、自分たちへの信用失墜を話題にできていない。*1 批評とそれをめぐる理論は、どうやら左派イデオロギーの下位にある。 「当事者」という語が乱発されるが、誰も自分の話をしない、できない。自己分析を核心テーマとするはずの精神分析でさえ。*2 「マ…

いま支配的な語りは、みずからの当事者意識をなかったことにする

「当事者」という語を使いたがる界隈は、むしろみずからの加担責任についての当事者意識を持たない。*1当事者意識を免責するきれいごとの語りこそが、メディアや大学で無責任な支持を得ている。*2名詞形の「当事者」ではなく、動きの中で加担責任の内実を問…

無時間的な理論は、時間的な技法の下位にある。これは人類史的な課題だ。

無時間的な言説(科学・理論)だけでいいなら、そこには自分の話をする余地も、必要もない。時間の要因を織り込む必要に迫られるからこそ、自分の話をする必要が出てくる。特殊な労働条件としての《自分》。各種言説がメタ的・無時間的な理論に閉じることの…

動詞的であるはずの《存在》が、名詞として扱われている

《存在》というのは、実質的に動詞的(時間的)でしかあり得ないのに、無理に名詞として、つまり無時間的に、たんに論理的に扱うわけですよね。どうもこのあたりで、概念の位置づけを間違ってる気がしてしょうがない。《名詞的/動詞的》って、人類史的なテ…

和樹と環のひきこもり社会論(2006年春~2008年秋)

雑誌『ビッグイシュー』誌上にて斎藤環氏との間で交わされた往復書簡の、私の側の原稿を全文公開しています。 (1)【ひきこもりは自由の障害者?】(3) 【自殺的な自由】(5)【欲望することは義務か?】(7)【「娑婆から出てはならない」という掟】(9)【必然性の…

和樹と環のひきこもり社会論(57)

(57)【順応状態の完成より、手続きの整備を】 上山和樹 私は、「役割を固定すること」そのものの害を問題にしたのであって、「ひきこもり当事者が医者を告発する」という凡庸な図式を再演したのではありません。また、「役割の非対称性を外せば、動機づけが…

和樹と環のひきこもり社会論(55)

(55)【「読み合わせ」という社会参加】 上山和樹 斎藤さんは、私に何を求めておられるのでしょう。「単調で退屈だ」とおっしゃるのですが、私はひきこもりを論じることに心を砕いているので、斎藤さんに気に入られるリアリティを作るために理解をねじ曲げる…

和樹と環のひきこもり社会論(53)

(53)【役割フレームへのひきこもり】 上山和樹 20年以上も臨床を続けておられる斎藤さんに、わざわざ「観客席にいる」と申し上げたのは、もちろん自覚的なことです。これは、「体は現場にありながら、問題意識はその場に同席していない」という意味ですが、…

和樹と環のひきこもり社会論(51)

(51)【「自明の前提」の前に】 上山和樹 「前提としている基本的な発想」というのは、自分の正しさを確認するスタイルの話です。ちょっと変なたとえですが、斎藤さんはいわば、机に座って物理学の問題を解いている。そこでは、正しいか間違っているかは、実…

和樹と環のひきこもり社会論(49)

(49)【Re: 軌道修正のお願い】 上山和樹 実は、私がここ最近のやりとりで斎藤さんにお願いしていたのも、まさに「軌道修正」だったんですね。でもそうしたら、話がぜんぜん通じなくなってしまった。斎藤さんにも、ほかの皆さんにも。 「質問に答えていないじ…

和樹と環のひきこもり社会論(47)

(47)【決められたポジション】 上山和樹 斎藤さんは、「精神科医として20年以上、考察・検討してきた」とのこと。ひきこもった人は、就労経験のなさによって見下され、自己卑下することが多いので、この表現にはこだわらざるを得ません。これは、「仕事をし…

和樹と環のひきこもり社会論(45)

(45)【惑溺待望ではなく、分析を】 上山和樹 前便で斎藤さんに薦められた映画『ラスト、コーション』を観てきました。映画としてはすばらしい。しかし、どうにもならない恋愛感情をひきこもりの臨床論として強調するのは、斎藤さんのお立場を凝縮していると…